忍者ブログ

中古リーフでゼロ円ミッション 旅ホーダイ!

初期型リーフでも問題なく使える範囲を拡大!

まぁ、酷評の多い初期型リーフなのですがその分中古が安いということで、
逆に初期型リーフでも問題なく使えるのはどの範囲なのかをまとめてみました。

条件
家充電、真冬(気温0度)、平坦道
平日通勤距離片道25kmまで。
休日急速充電の間隔60km。(初回100%充電後は80km)


きっとこれを見て、通勤距離が長い人のほとんどは諦めてしまうと思うのですが、ひとつ秘策があります。
それは通勤途中に急速充電器付のファミマなどがある場合です。
ここで朝飯を食べてもいいという人は通勤距離の許容範囲が格段に広がります。
つまり朝飯&急速充電のコンボにすることにより実質の充電待ちがなくなるわけです。

諦めていた方、もう一度急速充電器の場所を確認してみてはいかがでしょう。

つづきはまたね [ ullambana*gateway ]


リーフってもう少しかっこよかったらな、ってよく思います。
そしたらこんなの見つけました。



他の方のEVブログ記事を読みたい方はこちら
にほんブログ村 車ブログ 電気自動車へ


-----------買い物忘れコーナー-----------

拍手[0回]

PR

コメント

電気自動車お役立ち情報

電気自動車オススメ書籍

リーフの面白裏技、節約ネタ一覧