忍者ブログ

中古リーフでゼロ円ミッション 旅ホーダイ!

リーフの急速充電onlyの運用。充電待ち時間をどう考えるか。

よく、こう言われます。
「タイム、イズ、マネー。リーフはいくら燃料代タダと言っても充電待ちしている時間は損失なのだよ。」と。

リーフは旅ホーダイ月2000円に入ると何度急速充電しても定額です。

でも、たしかに充電待ちが発生します。

特に私の初期型だと頻度が多いです。

遠出の時なんかは充電回数が5回になったりします。

でも、私は言いたい。「タイムイズマネー。あんたのhourly wage(時給)は一体いくらなんだい?」と。

年間245日労働、毎日残業2時間、年収500万円の超エリートがいたとします。

時給に直すと約2000円。

ということはリーフを1時間充電したときにもうける金額が2000円を超えていたら得!!ということですな!

計算してみましょう。
僕の初期リーフは30分急速充電すると80kmくらい走ります。季節のバラツキはありますが。

そうすると充電2回すると、160km走るぶんのガソリン代を儲けたことになります。

リッター10km走るガソリン車との比較だとしたら16L,
ガソリン価格を110円/Lとして1760円。

ということでガソリン車の方が得でした!!
つづきはまたね [ ullambana*gateway ]


リーフってもう少しかっこよかったらな、ってよく思います。
そしたらこんなの見つけました。



他の方のEVブログ記事を読みたい方はこちら
にほんブログ村 車ブログ 電気自動車へ


-----------買い物忘れコーナー-----------

拍手[0回]

PR

コメント

電気自動車お役立ち情報

電気自動車オススメ書籍

リーフの面白裏技、節約ネタ一覧