忍者ブログ

中古リーフでゼロ円ミッション 旅ホーダイ!

Leaf Managerが使用できなくなった。 乗る前エアコンの軽いソフト Unkown error (HttpException: Http response 404)

いつも便利に使っていた、アンドロイド用のソフトLeaf Manager。軽くていいんですよね。
でも突然2/23の朝に使えなくなった。
乗る前エアコンをしようと思って、Climate control onのボタンを押すと以下の画面が。

Unkown error (HttpException: Http response 404)というエラーメッセージが出ています。

当然ワタシにはこれが何を意味しているのか解からない!英語だし。誰か助けて!!!
なんていっても助けてくれるヒトはいないから自分で調べます。

まずは英語のエラーメッセージを解読します。
「Unkown error」:不明なエラー
おいいいいっ、不明じゃないエラーだったらそりゃアプリで自動で直せよ!!不明なのはあたりまえだろ!
って突っ込んでも回りに答えてくれるヒトは誰もいません。彼女も不思議そうに画面を覗き込みます。
そんなにくっつくなよ~、いや、オノロケはその程度にしておいて。。。

次は長文。「HttpException: Http response 404」
ナンノコッチャ?!??とんちんかんにもほどがある。
google先生に聞いてもよく分からない英語のページが出てきます。

日本語のページで読めるところを見ると。
なにかが「見つからない。」らしい。
何が見つからないのだろう。

慌てて駐車場にクルマを見に行くと、とりあえずクルマはあるみたい。盗まれてはいない。鍵もかかっている。ウーン。
見つからないのは通信する相手先のことだろうということ。
よくホームページが削除されたりして見つからない、というあのメッセージですね。

もしかして、日産のカーウィングスのパソコンがダウンしているのかな?と思ってN-LINK ownersのページで乗る前エアコンをすると、正常動作。問題なし。

これはLeaf Managerだけの問題のようだ。
次にアプリ自体をアンインストールして、再インストールしてみた。 

つづきはまた明日 1

なんとっ!リーフのバッテリーが30万円で交換できることが日産から発表されました!!

中古リーフは今までバッテリーの劣化で敬遠されがちでしたが、またとないチャンスです。

あなたも中古リーフ節約生活始めてみませんか?

中古でリーフを買って、旅ホーダイ(ZESP2)に入るとすごいお得です!

だって、月2000円払うだけで、いくら距離を乗ってもタダなんです。

下のグラフは中古30万の軽と中古50万リーフを比べたものです。

4年乗れば30万の軽より安く済む!!革新的だと思いませんか!?

 にほんブログ村 車ブログ 電気自動車へ

50万円の中古リーフなんてないよ!と思っているそこのあなた!!

私が探しておきましたよ!50万リーフを。これぜーんぶ50万以下です。

バッテリーが安く交換できるようになって値上がり中!買うなら今!


つづきはまた明日 1

でも、リーフを買うとき、または買ってからも、バッテリーの劣化具合は気になりますよね。

そんなときは「リーフスパイ」を使うと便利ですよ!

電池の劣化具合とか、電池へ悪影響がある急速充電の回数とかが丸わかりですから!!

速度が上がるとドアロックする、タイヤポジションの登録などのチューンナップもできちゃいます。

----リーフスパイ紹介画面----
 

必要な道具は3つ。

・スマホ!(さすがに持ってますよね?)

ELM327 Ver1.5 OBD2 Bluetooth Android ドングル  

     車とスマホを通信する機械です。

  必ずv1.5を買ってください!2.1とかそれ以降だと動きません!

  私は間違えて買って泣きました。心配な方は こちら からどうぞ。

リーフスパイのソフト

-----------買い物忘れコーナー-----------

拍手[0回]

PR

コメント

電気自動車お役立ち情報

電気自動車オススメ書籍
にほんブログ村 車ブログ 電気自動車へ

リーフの面白裏技、節約ネタ一覧